面と向かってうまく褒められないときは

褒めたり、褒められたりするのに慣れていない人がいます。特に日本では多いのではないでしょうか。

「よし今日は褒めるぞ~!」と思っていても、とっさに褒められなくて、褒めるチャンスを逃してしまう。ということがあります。

そういう褒め慣れていない人にもおすすめなのが、

「紙に書いてわたす」ことです。

「○○してくれてありがとう。」
「○○ですごいね。」
「○○ですてき。」
「○○でかっこいいよ。」

などと短い文でいいので、ちょっとしたことを紙に書いて渡します。

そうすると、褒めやすく、伝わりやすくなって、自分も相手もびっくりするほど変化していきますよ。 ぜひやってみてください。